« 10/15 GvG速報 | トップページ | 10/22 GvG速報 »

2006/10/16

10/15 GvGレポート

セシルです。

昨日のWGPは大荒れでしたね。ヘイデンは、まさかのチームメイトと同士討ちでノーポイントに終わり、ポイントリーダーから陥落、ついにロッシがリーダーに立ち最終戦へ。これまでの実績等考えるとロッシが有利でしょうが、マシントラブル等の可能性もあり、最後まで目が離せないですね。

レポートは追記で。

今週は休みの人が少なく、また数名お手伝いに来てくれたため、人数多めでのGvが出来ました。

・L4 城主:INVASION VIREN(IV塩連)

攻め:pool, WoEMW♪, DASH, CSくろねこ, WM, 紅蓮, PA, Triみるく,他

守りやすいL4所持だったので、まずは防衛でスタート。スタダでthe deep pool of deathが攻めてきます。

1_27

セオリー通り入り口で妨害。この間にSAマスターがERに到着し、IV, SA共にEMCから防衛開始。

2_26

まずはpoolが突入してきます。一時期、人数が減っていましたが、また少しずつ増えてきた感じです。ロキ外に数人抜けられるものの、特に問題なく防衛。

3_23

続いてWoEMW♪も追加。両連合とも数はそれほど多くないものの、質の高い人が多く、なかなか落ちてくれません。

4_23

さらにはDASHも追加。このあたりになると、ロキを抜けてスクリームされたり、WIZ地帯まで進んでくる人がいたりと、気の抜けない戦いになります。

5_20

つづいてCSくろねこも追加。次々に突入されるため、全く休む間無し。EMCもかけにくいので、一度落とされるとなかなか戻れないようです。

6_22

加えてWM, PA, Triみるく, 紅蓮の焔も追加。常にどこかの連合が突入している状態です。

7_21

暫くはこんな状態で突入が続きます。当初、20分程度で転進の予定でしたが、大量に攻め手が来ていたので大幅に引き延ばして防衛します。

8_22

20:45になったところで、放棄して転進します。物資もかなりヤバイ事になっていたので補給。

・感想:今週は人数が多めだったこともあり、かなり安定した防衛ラインを組めました。また、たまにラグることがあるものの、全体的に軽めだったため、守りやすかったのも大きかったと思います。WoEMW♪やpool等、高い力量を持つ連合相手に長時間防衛出来たのは大きな収穫です。

 

・V4 城主:The Way of Glorious

攻め:IV塩, Dice with Death !!, the deep pool of death, Symbol of Destruction, CCSang

予定のB1に行く前に、攻め体制の確認のためにV4へ。WoGがERにて防衛しているようです。

9_18

到着時には、既にDwDとSoDがおり、集合中にpoolとCCSangも追加。あきらかに攻め手過剰の状態です。

10_16

突入時には、既にLPが展開されておりロキも無くなっている状態。このままブレイク競争に持ち込み、INVASION VIRENでブレイクします。

 

・V4 城主:INVASION VIREN(IV塩連)

攻め:CCSang, BV, 他

当初は落としたら放棄予定でしたが、戦ってみたかったBV連が攻め手で来ていたためERで防衛開始。

11_16

まずはCCSang連の突入。1人WIZ地帯裏まで抜けるものの、その他は大魔法地帯で封殺。

12_15

続いてBV連の突入。特に問題なく大魔法地帯で押さえきります。全滅させたところで放棄します。

 

・B1 城主:MANIAC

攻め:IV塩連、NE無風、うまごん

当初の予定通り、B1に転進します。20時過ぎからMANIACとNE無風でやり合っているようで、この時間はMANIACが防衛していました。うまごんも攻め手にいたようですが、NE無風とやり合っていたようで、攻め手には加わっていない模様。

13_11

ER前に集合、共闘で突入となります。防衛側の復帰が数名いますが、攻め手の人数が多く、戻れていなかった模様。

14_7

NE無風に続いて突入。防衛ラインのロキは2枚で、大魔法火力は弱めです。またWP脇からグリムによる削りがあります。ロキの先は前衛によるヒットストップがあり、ここがかなり痛かった模様。

15_3

1度目の突入は失敗も、2度目の突入で一気に抜け、教授がLPを展開して一気に防衛を崩します。ブレイク競争に勝ち、Scarlet Airでブレイクします。

感想:以前と同様に多数の前衛による防衛で魔法火力の薄さを補っています。ただし、阿修羅が少ない様で、抜けた騎士の処理に手間取っているようでした。またダンサーが少なく、加えてまたWIZの立ち位置、魔法設置位置があまりにも悪い為、せっかくロキが2枚あってもすんなりと抜けられた印象があります。

 

・B1 城主:Scarlet Air(IV塩連)

攻め:MANIAC, NE無風

攻守交代して防衛に入ります。MANIAC, NE無風共に続行で攻めてきます。

16_2

セオリー通りERで防衛ライン構築。ロキ1枚で、あとは前衛のヒットストップで補います。WIZ地帯まで結構抜けられるものの、大きく崩れることは無く押さえ込みますが...

17_3

水晶の補充を忘れており、反射で死亡。丁度ゴスペルによる+20が来たタイミングだったので、反射で瞬殺でした。

18_3

水晶補充後、EMCで呼び戻されますが、すでにラインは崩れており、NE無風、MANIAC共にER内でEMCを通し、エンペ際で混戦となります。上位2連合相手に粘れるはずもなく、MANIACにブレイクされます。

感想:さすがに上位連合だけあり、なかなか落ちないユニットが多いです。特にMANIACはゴス持ちなどのイレギュラーなユニットも多いので、攻めになるとかなりの力を発揮しますね。

 

・B1 城主:MANIAC

攻め:IV塩

再び攻守交代。すぐに防衛ラインを構築され、1からの攻略となります。NE無風は転進した模様です。

19_2

先ほどと同じような防衛ライン。WIZの立ち位置が変わったので、前よりも魔法があたるようになっています。

20_1

しかし、やはりヒットストップが薄く、スクリームも少ないために前衛・後衛問わずロキを抜けられます。先ほどと同じく、教授がLPを決め、多数が抜けていきます。

22_1

直後に、エンペ脇でEMCを通し完全に防衛を崩壊させます。逆にMANIACは防衛ラインでEMCしたようで、それぞれの位置が完全に逆転します。

さすがにこのクラスの連合相手に確保防衛に持ち込むのは無理なので、SAでブレイクし、残り10分の防衛にかけます。

 

・B1 城主:Scarlet Air(IV塩連)

攻め:MANIAC

再び防衛に。残り10分ほどでみんなみなぎっています。MANIACはすぐにカウンターで攻め込んできました。

23

IVの戻りが少ない状態で攻め込まれたため、WIZ地帯まで抜けてこられます。丁度すぐ傍でIVマスターがEMCを詠唱している所だったのですが、幸い凍ってくれたため、詠唱を完了させることが出来、防衛ラインを構築することが出来ました。

24

ラインを構築するも、MANIAC側もEMCを使って短い間隔で突入してきます。各ユニットの質が高いので、なかなか落ちてくれませんが、奥まで抜けられることは無く、時間まで押さえ込みます。

25

無事に時間となり、エンペ消失。IV塩連としては初めてBritoniah確保となりました。

感想:MANIACは、やはり攻めとなるとかなりの力を感じます。最後は時間も少なかったため、ペースをあげての突入だったのでしょうが、しっかり準備・支援を行き渡らせて突入されたら、危なかったのではないでしょうか。一方、防衛面は前衛に頼った印象が強く、まだまだ改善出来そうです。

IV塩連としても、上位連合相手にタイマンで落として、その後押さえ切れたのは大きな成果と言えるのではないでしょうか。今週は2時間フルに戦いっぱなしで、大変充実したGvGでした。

 

26

皆様お疲れさまでした。

|

« 10/15 GvG速報 | トップページ | 10/22 GvG速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70797/12310207

この記事へのトラックバック一覧です: 10/15 GvGレポート:

« 10/15 GvG速報 | トップページ | 10/22 GvG速報 »