2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 12/31 GvG | トップページ | 1/7 GvG速報 »

2006/12/31

2006我的スポーツニュース

セシルです。とりあえず、去年書きかけだった記事をUP。

 

今年ももう終わりですね。今年の最後に、個人的に印象に残ったスポーツシーンをまとめてみます。

個人的によく見るスポーツ限定なので、かなり偏った内容です。

1. 荒川静香金メダル(トリノ五輪 女子フィギュア)

 ここまで全くメダルが取れなかった中、ようやく取れたメダルが、フィギュア初の金メダル。イナバウアーが流行語大賞になるなど、社会的にも大きなインパクトが有りました。個人的には、SPのコーエンの演技の方が印象に残っています。

 

2. ディープインパクト凱旋門賞挑戦&7冠(競馬)

 今年の競馬界は(去年もですが)ディープが常に話題の中心でした。常に最後方からまくり気味あがって全馬差しきるという芸当は、力の違いを示したものでしょう。凱旋門賞は3着入線&失格という結果でしたが、あの血統で3着に来たというのもすごいことだと思います。

 

3. シューマッハ引退(F1)

 F1を常に引っ張ってきたシューマッハもついに引退となりました。年間チャンピオン7回、通算勝利数91回という金字塔は、当面破られることは無いでしょう。

 

4. 高橋敗れる(東京国際女子マラソン)

 久々に出場の高橋尚子でしたが、厳しいコンディションもあったとはいえ、2時間30分を超えてしまうタイムとなり、日本人2名に先着されるなど新旧交代を感じさせるレースでした。土佐は世界選手権の標準記録を切ることは出来ませんでしたが、コンディションを考えると世界選手権には出られそうですね。

 

5. 早稲田が社会人を破る(ラグビー)

 ここ最近、全く社会人に歯が立たなかったラグビー日本選手権の学生代表ですが、清宮監督の最終年でついにトヨタを破り、久しぶりの学生チーム勝利となりました。今年も快進撃を続けており、今年も勝てるか注目です。

 

6. ロッシ、チャンピオン逃す(WGP)

 年間最多勝を上げるも、マシントラブルなど多発し、No.1のパフォーマンスを見せながらら敗れてしまいました。ただ、最終戦の圧倒的有利な状況での転倒は、ロッシもやっぱり人の子だったんですね。

 

7. 皆川4位、湯浅7位(トリノ五輪 男子回転)

 同じく出場した佐々木を含め、回転史上最強の布陣との言葉通り、見事な内容でした。惜しくも表彰台には上れませんでしたが、湯浅の2本目の鬼気迫るアタック(2本目2位)や、皆川の1本目3位の滑りなど、世界と対等に渡り合える証明となりました。

 

8. 資生堂初優勝(全日本実業団対抗女子駅伝)

 最終区での逆転劇。38歳の弘山と19歳の大崎と、倍の年齢となる対決となり、競技場直前までずっと併走となる展開に。この年齢まで第一線を続けている弘山にはすごいの一言。

 

9. 岡部、復活の表彰台(スキージャンプ)

 ルール改正後、長期のスランプだった岡部が再び表彰台に。昔の低い飛び出しからのジャンプから、フォームを改造して上方向への飛び出しに。この年齢でのフォーム改良は大変だったとは思いますが、そこから再び世界と戦える所まで復活。葛西とあわせて、まだまだベテラン勢は行けそうです。

 

10. 日本ハム優勝、新庄引退(プロ野球)

シーズン初めの時期の引退発表。その後、パ・リーグを制して、日本シリーズも制するなど最後まで出来すぎた結果でしたね。プレイ以外のパフォーマンスなど、これまでにない選手で、日ハムとしたら今後の穴埋めが大変そうです。

« 12/31 GvG | トップページ | 1/7 GvG速報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70797/13275932

この記事へのトラックバック一覧です: 2006我的スポーツニュース:

« 12/31 GvG | トップページ | 1/7 GvG速報 »