« 連合対抗麻雀参戦記その4 | トップページ | 09/01/18 GvG速報 »

2009/01/18

連合対抗麻雀参戦記その3

セシルです。

予選1回戦を勝ち抜き、準決勝に駒を進めることができました。

●準決勝面子
・セシル・ヴェネディクタ(夢暇連合代表/Luminous Tribute)
・エクウス(ねこcafe連合代表/Cafe Mint)
・翁空(MCT連合代表/Twilight Cats)
・シュトルテ(MCT連合代表/Traumerei)

●東1局
自分の立ち親でスタートです。個人的には立ち親はキライなので、この場面では避けたかったですね。

1
エクウスさんと翁空さんがいい感じの配牌。自分はペン7pが早めに引ければ勝負にいけそうです。

2
しかし、エクウスさんが先制リーチ。自分が筋の1mを一発でツモ切って放銃。さすがに止められませんでした。

セシル 19,800(-5,200)
エクウス 30,200(+5,200)
翁空 25,000(±0)
シュトルテ 25,000(±0)

●東2局
3
自分が配牌イーシャンテンと好配牌。字牌以外は鳴きづらいところで、トイトイまで伸ばすのはちょっと厳しいか。

4
ソウズが横伸びしなかったので、混一に未練は残さず先制リーチ。すぐにツモって先程の失点を挽回。

セシル 26,200(+6,400)
エクウス 28,600(-1,600)
翁空 21,800(-3,200)
シュトルテ 23,400(-1,600)

●東3局
5
各自タンヤオに寄せていましたが、いち早くテンパったエクウスさんが7sを討ち取ってすぐに流れました。

セシル 26,200(±0)
エクウス 29,900(+1,300)
翁空 21,800(±0)
シュトルテ 22,100(-1,300)

●東4局
6
親のエクウスさんが先制リーチ。自分も同順に追いつくものの、もっとも避けたかったソーズの単騎に。テンパイを嫌って回したものの、結局5mをつかんで最後は放銃。

セシル 18,500(-7,700)
エクウス 37,600(+7,700)
翁空 21,800(±0)
シュトルテ 22,100(±0)

●東4局1本場
7
エクウスさんのリーチに全員撤退。エクウスさんの一人テンパイで流局になりました。

セシル 17,500(-1,000)
エクウス 39,600(+2,000)
翁空 20,800(-1,000)
シュトルテ 21,100(-1,000)

●東4局2本場
8
親のエクウスさんが、配牌からダブ東を暗刻らせて好調も、自分が必死に流しに行き、片上がりの三色のみで何とか親流し出来ました。

セシル 20,100(+2,600)
エクウス 39,600(±0)
翁空 21,800(±0)
シュトルテ 19,500(-1,600)

●南1局
9
せっかくの親番でしたが、エクウスさんが要所を鳴いて満貫に仕上げて、リードを広げました。

セシル 20,100(±0)
エクウス 47,600(+8,000)
翁空 12,800(-8,000)
シュトルテ 19,500(±0)

●南2局
10
親の翁空さんが好配牌から先制リーチ。シュトルテさんも同テンで追いつきましたが、すぐに翁空さんがツモって裏ものり2600オール。

セシル 17,500(-2,600)
エクウス 45,000(-2,600)
翁空 20,600(+7,800)
シュトルテ 16,900(-2,600)

●南2局1本場
11
配牌は悪かったものの、ほとんど無駄ヅモなく先制リーチ。同順追いついたエクウスさんが一発で飛び込み、点数的に圏内まで来ました。

セシル 25,500(+8,000)
エクウス 37,000(-8,000)
翁空 20,600(±0)
シュトルテ 16,900(±0)

●南3局
12
親のシュトルテさんが東を叩いて速攻で上がり。ここまで調子悪かったシュトルテさんですが、ここから一気に差を詰めてきました。

セシル 25,500(±0)
エクウス 37,000(±0)
翁空 17,700(-2,900)
シュトルテ 19,800(+2,900)

●南3局1本場
13
シュトルテさんが気合いの赤5s単騎でリーチ。これをすぐにツモって2着浮上。

セシル 23,400(-2,100)
エクウス 34,900(-2,100)
翁空 15,600(-2,100)
シュトルテ 26,100(+2,900)

●南3局2本場
14
ここもシュトルテさんがツモり上がって、さらにトップに近づきます。

セシル 21,900(-1,500)
エクウス 33,400(-1,500)
翁空 14,100(-1,500)
シュトルテ 30,600(+4,500)

●南3局3本場
15
シュトルテさんの勢いは止まらず、赤5s単騎で先制リーチ。同順に翁空さんも追いついて追っかけリーチ。二人リーチに自分とエクウスさんは撤退して二人テンパイで流局。

セシル 20,400(-1,500)
エクウス 31,900(-1,500)
翁空 14,600(+500)
シュトルテ 31,100(+500)

●南3局4本場
16
親のシュトルテさんが、発とドラ役牌の東を叩いて一番にテンパイ。自分も少しして追いつきました。本来はリーチせずに受ける場面ですが、トップのためには点差を詰める必要があったため、リーチを打ちました。すぐに9mがこぼれて裏も乗り、一気に点差を詰めてオーラスへ。

セシル 27,500(+7,100)
エクウス 31,900(±0)
翁空 9,500(-5,100)
シュトルテ 31,100(±0)

●南4局
17
トップの親まで4,400差。2着目まで3,600差。条件としては、4,500(70符2翻)以上の上がり、800-1600以上のツモ上がり、3,900以上をトップから直撃となります。
赤もドラもない配牌のため、どちらかを引き入れてリーチしてツモの、1000-2000を狙いに。

18
途中まで全くドラを引かず、あきらめてドラ傍の9pを手放して棒テンに。役なしテンパイとなり、一発ツモか赤5s、もしくは裏条件のリーチとなりました(当たり牌が出ても当然見逃します)。
しかし、この9p切りを咎めるかのように、リーチして即でドラ8pを引いてエクウスさんに打ちこみ、この半荘は3着で終わりました。

セシル 23,600(-3,900)
エクウス 35,800(+3,900)
翁空 9,500(±0)
シュトルテ 31,100(±0)

TOTAL
セシル -11
エクウス +36
翁空
-31
シュトルテ +6

準決勝後半はこちら。

|

« 連合対抗麻雀参戦記その4 | トップページ | 09/01/18 GvG速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70797/43772868

この記事へのトラックバック一覧です: 連合対抗麻雀参戦記その3:

« 連合対抗麻雀参戦記その4 | トップページ | 09/01/18 GvG速報 »